プードルの種類:プードルの無駄吠え噛み癖・犬のしつけ法

プードルの種類

プードルは頭のいい犬として知られています。起源については一般的にヨーロッパ各地に広くいたといわれています。日本にはいってきたプードルはその大きさからスタンダード・ミニチュア・トイプードルの3種類に分類されています。

スタンダードプードル

スタンダードプードルは頭がよく、また泳ぐことが得意なのでカモなどの狩猟犬として飼われていました。カモ猟が得意だったのでカモ犬とも言われてきました。

ミニチュアプードル

ミニチュアプードルは、サーカスや家庭で芸を仕込むために、飼いやすいようスタンダードサイズのものを小型化したプードルです。

日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカなどでは人気が高い犬です。体高は30センチ前後、体重14キロ程度の小型犬です。

トイプードル

ミニチュア・プードルを純粋に愛玩犬として飼育するために更に小型化したもの。 はじめは奇形がよく現れたが、改良の結果犬質が安定した。体高27センチくらい、体重7キロ前後の小型犬です。

あなたのプードルを5分でかわいい子にする 犬のしつけ法はこちら

犬 しつけ

プードルについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。